TOP > 家庭教師応募前の準備について

家庭教師応募前の準備について

学生アルバイトとして家庭教師をしようとする場合、どのような準備が必要でしょうか。
まず第一に自分自身の棚卸しをしましょう。働ける時間帯・科目・どれだけの報酬を希望するか、などです。


また自分が得意な科目ならばその知識に関しては十分な理解があるはずですが、それを教えて相手に理解してもらうことができるかどうか、はまた別の話です。

そのため独りよがりに陥らず、相手にあわせて適切に教えられることが必要です。



それから円満な性格も必要です。



そして学生だろうがアルバイトだろうが、報酬を得る以上はプロでなくてはなりません。


必ず成果を出す必要があります。

家庭教師を求める教えられる側の意向は、学校の授業だけではついていけない、塾に行くのも気後れがする、という性格の子供を教えてある水準のレベル以上に成績を上げてほしいというものですので、誠意だけあっても上手くいきません。

つまり教えるノウハウを、相手に応じて変化させながら成果を出すというスキルが求められています。家庭教師に要求される資質とは、このような事柄です。

こうしたスキルがあるかどうかを自問自答し、働ける時間帯・科目・報酬額などを決めた上で、大学の学生課でアルバイト登録をする、家庭教師の人材斡旋会社に登録をする、などをして問い合せを待ちます。

一足先に卒業する大学の先輩のあとを継ぐという方法もあるでしょう。
並行して家庭教師に求められる、暗記のコツや概念の把握のノウハウなどを充実させていきます。

とにかく早く確実に相手に覚えてもらうために、語呂合わせでも何でもいいので、実戦的な武器を増やしておきます。